「えよーな」とは京都の言葉で『ぜいたくな』の意味。 毎日を楽しく、充実させて突っ走るあおままの第二弾ブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショコラ

今クール放送中の某ドラマ。
このドラマの影響をしっかりと受けています。

主演女優がショコラを食べるシーン。
特別美味しそうに、そしてとてもお洒落なモノに見えてくる。
単純あおままは、このシーンにズドーンと胸をつかれ・・・!!

用事の帰り、真っ先に頭に浮かんだお店へ足を運ぶの巻~

キュイエール・ダルジャン

行った先はキュイエール・ダルジャン

もともと、このお店のチョコレート系のケーキは美味しいと認識のあったあおまま。
ショコラの数も揃っていると知っていた♪

自分用にチョイスしたショコラ。
ハートフランボワーズ、ジャスミン、バラ、ミエル、ジバラ・ラクア

これを頂くときは、誰も居ない静かな空間で、好きな音楽をBGMに、コーヒーをお供に・・・
そんな環境で頂きたいと願うも、そんな優雅な空間をそろえることが出来るだろうか??
願望と空想に終わるか??

でも、ショコラはしっかりいただきますけどね
スポンサーサイト

山つと

グルメなお方から頂きましたお土産。

「 芳光 」

山つと

あの大雪の降った翌日。
「いつもの道を10時間かけて帰ってきました。」
と、このお土産を片手にあおまま家へ立ち寄って下さりました。

「わらび餅が有名なんだけど、時間がよめなくて最中にしたのだけれど、召し上がってね♪」

通常の3倍近くの時間を費やし、長野やってきた最中。
「ごくろうさまです」と言いたくなる。

箱詰めされピシッと一列に並んだ「山つと」の姿に品あり。
和紙でクルット包まれたその掛け方にもさりげない品あり。
そして一口、、、
「あぁ、これがよく言う品のある甘さの本物なのねっ。」とじんわり思う。

甘みにも「控えめ」とか「品のある」とか色々表現するけれど、
初めて「本物」の品格ある甘さに出会った気がする。

口に入れた瞬間甘さが広がる。
そしてその次の瞬間、さーっとその甘みが消えていく。
口の中に甘さが残ることはありませんでした。

すごいわ、芳光さんの山つと。
きっと芳光さんの和菓子は、本物に向き合える時間を作ってくれるんだろうな。
一度訪れてみたいものだ。

Calbee shop

東京駅へたまに行くと、とっても面白い!!
デパ地下とは全く違った楽しみと遭遇できる。

 「 Calbee+ 」

CIMG3606.jpg

長蛇の列ができてたので、何々??と列の先頭を見てみると・・・
そこは“揚げたてポテト”を求めるお客様の列でした。

もちろんその列には並ばず、ちょっと小袋をお買い物。
全国津々浦々のじゃがりこ達。

信州に住んでいるのに何故か買ってしまった信州じゃがりこ

多分これ系って大箱で売っているやつですよね??
きっと大箱で買えば、この小袋が数袋入っているんですよね??
でも買ったこと無い・・・だから余計新鮮に見えてしまった(汗)
そして買ってしまったあおままなのでした。

ふなっしー

昨日ちょっと立ち寄ったコンビニ。
何やら強い視線を感じる
ふとそちらへ目を向けると、ふなっしーがあおままを見ているじゃないかっ

「船橋が地元でしょっ!!これ買って!!」って訴えている(笑)

プリッツの梨汁ブシャー味

名前が良くないよね。「ブシャー」って・・・
葵が一言「まずそう」と言ってたわ。

あおまま生活

あおまま地元船橋って事もあるせいか、妙にふなっしーが気になる。
実家に帰ると行く先々で、やたらふなっしーが支配している。
そして我が家を支配していく、ふなっしー。

最初にやってきたのは、中央にあるふなっしーパペットとタオル。
そしてメモ帳、シール、飴にグミに饅頭にプリッツ。
知らない間にパパが携帯につけていたキーホルダー。

今後どんなふなっしーが我が家を支配していくのか??
でもホントは、実物に会いたい!!

バウムクーヘンの定義

北ドイツの老舗菓子店。

国立ドイツ菓子協会が設定したバウムクーヘンの定義に沿って焼かれたバウムクーヘン。
定義って??ですよね~。

小麦粉(1):砂糖(1):バター(1):卵(2) でなければならないという品質定義。

だそうです。

 「 HOLLANDISCHE KAKAO-STUBE 」

ホレンディッシェ・カカオシュトゥーベ

バター以外の油脂は使用せず、卵は別立て、焼成温度は400度。
徹底的にこだわって、本場と同じ味を日本でも再現してくれているようです。

バターケーキのようなしっとりかんと、濃縮された生地のかたさ。
ラム酒がしっかりときいていて、極上のバウムクーヘン。

奥の“ザントクーヘン”は「砂のケーキ」の意。
レモンが香り、ホロホロとした食感で、これも極上。

人気店の意味が分かります。
そしてあおままもリピーターになっていく・・・。
プロフィール

あおまま。

Author:あおまま。
こんにちは、あおままです。
東京からのIターン組。
信州は安曇野で「まるる」お菓子教室を行っています。
子供背負ってアルプス登山も堪能中♪

今月のレッスンメニュー
4月レッスンは、きな粉好きには絶対オススメ!!“きな粉のババロア”と、全粒粉でザックリいきましょう。“グラハムチョコビスケット”♪日程は21.22日になります。レッスンは初心者さま、お子様連れ、山好きさんも大歓迎♪体験も随時行っています。

この人とブロともになる

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Clock
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
フリーエリア
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
つぶやき。。。
安曇野松本周辺で、ここぞという餡菓子の美味しいお店ご存知の方情報お待ちしております♪
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
訪問中です
現在の閲覧者数:
ブログランキング
検索フォーム
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。